参考書関連

参考書の紹介 其の捌 〜追加編2〜

ryu.です。

最近かなり漫画にハマっておりまして、アニメも話題だった呪術廻戦をはじめとして東京喰種やワールドトリガーなど、いろんなものを読んでみようと躍起になっているところなのですが、如何せん漫画は高い。漫画って一周をすぐ読み終わってしまうので、単行本一冊440円程度が見た目以上に高く感じてしまうんですよね…。そんな中でBOOKOFFの存在はマジでありがてー!!!
個人的には自分が漫画にハマるきっかけでもあった『約束のネバーランド』が今でも好きです。内容も非常に重厚でメッセージ性も高く、絵柄もかなり好みだったので、この漫画を進めてくれた友人にはかなり感謝しています。時期的に高校に入ってからだったので、漫画に接するのがそもそも遅いだろみたいなのは無しで。
オススメあったらどなたか質問箱とかで教えてください。

さて、本題に戻りましょう。今回は参考書紹介の第8弾ということで、前回に引き続き個人的にやってはいないけど気になったものを取り上げていこうと思います。解説や具体的な使い方としても個人的に考えてみたものもあるので是非参考にしてもらえればなと思います。また、今回はかなりデザインにも力を入れてみたので、好評であれば近いうちにこの形式で以前のページも修正していきます。この頃は本当に初期だったし、元々はてなブログでやってたものを移植しただけだからページの作りも結構粗いしね。

本編前に!!

目次/CONTENTS
  1. 物理の解法フレーム [力学・熱力学編]/[電磁気・波動・原子物理編]
  2. チャート式 数学難問集100
  3. 英文読解入門 基本はここだ!
  4. 新・英作文ノート
  5. 文系の数学 実戦力向上編
  6. 化学標準問題精講
枠の説明

記事内で初登場になるこの枠内の見方の説明だけ…

amazonリンクはこちら →その名の通り。実際の記事中ではAmazonのリンクが貼ってあります。
For:どの層にオススメかを書いてます
To:この参考書を通じてどのレベルまで行けそうか書いてます
CAUTION:注意点を書いてます
Comment:参考書について全体的に言いたいひとこと。適当。

1. 物理の解法フレーム [力学・熱力学編]/[電磁気・波動・原子物理編]

↓amazonリンクはこちら↓
『力学・熱力学編』/『電磁気・波動・原子物理編』
For:基礎があらかた定着〜演習がそれなりに進んでいる人まで幅広く
To:『名問の森』接続程度/要演習
CAUTION:不便無い程度だが説明に微積使用
Comment:全体的におすすめ。買って損はない。

最初はこちら、今回紹介する参考書の中で個人的には一番気になっていた参考書です。
駿台で講師をなさっていた笠原邦彦先生が著したもので、予備校等にはほとんどお世話になっていない身ながらもお名前を存じている一人です。東京大学の博士課程を中退なさるほどの実力を持っている方で(間違っていたらごめんなさい)、恐らく知っている人も多いのではないでしょうか。

内容として「解く」ことに焦点を当てながらも、一般的に言われるパターン暗記的な「解法」にこれは留まっていません。「解法」というよりはもっと根幹的な「定石」「思考手順」といった方がイメージしやすいかもしれません。それはもちろん物理的な現象を紐解く根幹を見ているからであり、扱われている題材の難易度的・範囲的な広さながら高難度の問題にも対応可能な「解法」を得られるかなりの良書であると感じました。初歩的な部分から簡単な問題を通して解法を再確認し、それをレベルの高いところへ昇華していくような構成になっています。上にも書きましたが、物理の問題を切り崩すにはどうすれば良いのかと路頭に迷っている他人には是非買ってもらいたい一冊です。

2. チャート式 数学難問集100

amazonリンクはこちら
For:難易度が高いので『新数学演習』程度が適正の人
To:難関大数学攻略可能レベル
CAUTION:難易度の高い問題ばかりなので普通に注意
Comment:数学を強みにしていきたい人は登竜門にしてみては。

続いてはこちら。巷で「黒チャート」と言われているよくあるチャート式とはコンセプトも装丁も全くの別物になっている本書ですが、題名にある通り、かなりの難問揃いです。恐らく難易度感としては『上級問題精講』の難問レベルや『新数学演習』クラスにまで匹敵するレベルと言えます。
問題数も多く、高難度な問題集だけあって網羅性は普段の青チャートなどとは見劣りしてしまうかもしれませんが、難問を解くためのエッセンスを磨くことができるのは間違いないです。しかし、問題数が多いということはそれだけ飽きや挫折が回ってくる可能性が高いということですので、そこだけは注意をしておくといいでしょう。これは『ハイレベル理系数学』あたりにも言えることですが…。

3. 英文読解入門 基本はここだ!

amazonリンクはこちら
For:英文法の基礎ができ読解に入ろうとする人からその上まで幅広く
To:英文解釈の基礎定着/実用的なラインには未到達か
CAUTION:演習書というよりあくまで読みがメイン
Comment:初学の段階でなくても正直かなりオススメ。

本当の初学者向けの英文解釈本。というか初学者かどうかに関わらずかなりオススメ。これから始めると以降の英語の文章に対してかなり咀嚼力が増して挑めるのではないでしょうか。基礎英文問題精講のような演習書として使う参考書というよりは、参考書や教科書みたく「読むための本」として使うべきものかなと思います。あくまで個人的な価値観ですが、「一回全体を通読→その後これよりレベルの高い参考書に当たって辞書的な使い方をするために戻ってくる」といった使い方をするのが賢明かなと思いますね。

英文解釈にあたって必要な本当の基礎からさらっている上、読解のエッセンスとしてかなり重要な内容も入っているので読んでおくべきと銘打ってもいいかもしれないですね。ただし、時折難度の高い文章がでてくるのでこうした文章をしっかりと蔑ろにせずに取り組んでいけるかどうかはこの参考書に取り組む上でかなり重要な気がします。

4. 新・英作文ノート

amazonリンクはこちら
For:英作文の勉強をこれから始める人、(主に動詞の)表現を鍛えたい人
To:英作文の「ここなんて訳そうかな…」が多少無くなる程度
CAUTION:高度な文法面・和文和訳などは鍛えにくい
Comment:表現の多彩さには直結しそう。メモがてらちょいちょい見る感じ?

どちらかと言うと表現力養成をターゲットにした参考書であり、z会の英作文テキストみたいな印象(英作文の豊かな表現的な意味ではまあ劣るが、語彙的な部分は文句なしかと)ですね。これも一つ前の『基本はここだ!』同様に、問題集として一周して「はいおわり〜」みたいな使い方というよりは、一度回してあらかたの知識を詰め込んでおいてから必要な時に適宜戻ってくるのがいいのではないでしょうか。英語は月並みな表現においてもそれぞれの動詞に応じて異なるニュアンスや使い方がありますので、こうしたものを確認できるという意味ではかなり良書ですね。英作文始める段階でこれを押さえるのは全然ありだと思います。
また最後にデザイン的なことだけ触れておくと、かなり小さく薄い割に内容がギッチギチに詰まっているのが個人的にはポイント高めですね。

5. 文系の数学 実戦力向上編

amazonリンクはこちら
For:文系の上位層を狙いたい&実力は中堅程度
To:難関大文系の数学問題攻略可能程度
CAUTION:問題や分野により難易度の差が大きい
Comment:文理とか関係なくエッセンスとしてデカい存在かなと。

続いてはこちらの参考書。文系の数学参考書はそれなりに数がありますが、かなり実力養成に適した参考書ではないかと思います。
まず、基本的な構成としてはFocus Goldや青チャートなどと変化はないのですが、この参考書はより実戦的かつ根幹的な部分に重きを置いています。さらにこうした定石的な解法・戦法が分野ごとに並んでいるというのは学習者としても知識の体系化がかなりしやすくなるので、実力をつけるにはかなりもってこいです。より問われやすい部分や難度の高い部分・複雑な部分等は問題数の比重が大きかったりと、(文系数学に特化こそしているが)高度なベースとなる力を身につけるにはかなりの適任と言えるでしょう。

加えて、同種の参考書と比較しても解説・解答でのポイントが丁寧なのでしっかり読み込めるとより良い知識が得られることでしょう。結構文字が詰まっていたので読むことが億劫になってしまいがちな感じではありましたが…。また、注意点として上にも挙げましたが、やはり問題の難易度の差が大きいというのはあるのでそこには注意してください。

6. 化学標準問題精講

amazonリンクはこちら
For:化学の基礎が定着してもっと高度な力をつけたい
To:難関大化学攻略可能ライン
CAUTION:他教科(物理除く)の標問シリーズより基準は高いので注意
Comment:改めてみたが『化学の新演習』と双肩を担えるレベルの良書。

続いては化学の問題集。どの教科にもある「標準問題精講」シリーズの化学版ですが、こちらは難易度としては他の教科のそれよりも比較的高い印象があります。が、問題の題材自体もかなり優秀なので、基礎をあらかた定着した後でのレベルアップ用の問題集としては全然アリと思われます。

新演習より問題数こそ絞られており多少退屈な問題も見受けられますが、それでも質的に劣らない網羅性と難易度の幅広さを備えているので新演習の代役としてもかなり重宝するのではないでしょうか。ただし注意として、解説や要点のまとめ(特にこっち)は丁寧ですが解答と一緒に付いてるパターンなので、そこは個人の好みや自分がそれで十分対応で切るかで判断してください。また、分野によって難易度の差が大きいのは要注意かもしれないですね(全体的に勾配が大きめだから途中で挫けちゃう可能性ありか?)。

 

最後に………

ぶっちゃけサムネの文字うっすいな〜って思った人。俺がシンプルにミスったわ、ごめん。

ぼやき。その2 - Springtime Lucubration –前のページ

努力は結果を測る定規なのか次のページ

関連記事

  1. 参考書関連

    参考書の紹介 其の陸 『ハイレベル数学の完全攻略』

     ryu.です。 今回は数学に関して、久々に参考書について使い方も…

  2. 参考書関連

    数学網羅系の使い方

    ryu.です。今日は数学の基礎固めをするにあたってよく用いられる「…

  3. 参考書関連

    参考書の紹介 其の漆 〜追加編1〜

    ryu.です。今回は原点に戻って、参考書について個人的な評価をして…

  4. 参考書関連

    z会利用を通じて

    ryu.です。『ストライヤー生化学』と『マクスウェル方程式から始め…

  5. 参考書関連

    参考書と軌跡 数学編-pt.1(前半)

    ryu.です。先日、初の大学のクラス会に参加してきました。そして久…

  6. 参考書関連

    参考書の紹介 其の伍 〜国語編〜

    ryu.です。いよいよ今回で参考書紹介についてはラストになりま…

Pick up !!

  1. お知らせ

    簡単にご挨拶
  2. 月明けダイアリー

    2020.10. 半年経過
  3. 化学

    化学の基本 part.1 溶解度(固体)
  4. 受験体験記

    過去問 利用のすゝめ
  5. 受験体験記

    医学部面接
PAGE TOP